他人から嫌われない話し方の秘訣とは?

xq1fn

会話が苦手な人が持っている悩みとして、人から嫌われるのが怖いといった悩みがあると思います。「こんなこと言ったら変に思われるかも」「失礼じゃないかな」などと考えてしまって、自分の言いたいことが言えないわけです。

だから、人と接することを避けるようになってしまい、ますます会話が苦手になるという悪循環にハマってしまいます。これを避けるためには、他人から嫌われないための会話術を身に付けるしかありません。そうすれば、話すことへの恐怖も軽減されるでしょう。

ここでは、嫌われない話し方の秘訣を紹介します。

ネガティブ情報の伝え方に注意する

相手のためにと思って親切心で何かを伝えても、それが逆効果となってしまうことがあります。「なんでそんなこと言うの?」と思われてしまって、逆に嫌われてしまうかもしれません。

たとえば、以下のようなケースです。

自分:「上司の○○さんが、君のことを探してたよ。すごく怒ってるみたいだったけど。」
相手:「えー、何だろう?嫌だなぁ。。」
自分:「昨日、提出した資料が間違ってたらしいよ。」
相手:「しまった。。」

こういった会話は、日常生活でよくありますよね。でも、こういった悪いニュースを伝えてしまうと、相手はあなたに対して敵意を抱く可能性があります。

心理学の用語で「連合」というものがありますが、これは特定のもののイメージが他のものに伝染するという原理です。つまり、悪いニュースを運んできた人に悪いイメージを持つようになり、良いニュースを運んできた人に良い印象を持つようになるということですね。

だから、あなたに悪気が無かったとしても、悪いニュースを伝えることで不快に思われるかもしれません。それを避けるためには、伝え方に注意する必要があります。

自分:「上司の○○さんが、君のことを探してたよ。」
相手:「えー、何だろう?」
自分:「資料がどうとか言ってたけど。」
相手:「昨日の資料のことかな。」

このような会話だと、一見すると悪いニュースだとは分かりませんよね。不要な情報は伝えなくて良いので、出来るだけ悪い印象を持たれないように工夫をしましょう。

相手の言葉を深読みしすぎない

日本人は、直接的にものを言わない国民性を持っています。遠回しにほのめかす言い方をするので、言葉の裏側の意図をくみ取る必要がありますね。たとえば、「お腹すいたなー」という発言は、ご飯に誘ってほしいというサインだったりします。

ここで、「何か食べてきたら?」などと言ってしまと、勘の鈍い人だと思われてしまうわけです。裏側の意図をくみ取れない人は、空気が読めないというレッテルを貼られるので注意しましょう。

ただ、相手の言葉を深読みしすぎると、悪く思われていると被害妄想に陥ってしまうので注意が必要です。

相手:「独身って気が楽でいいよね。」
自分:「そうだね。(結婚できなことをバカにしてるのか?)」
相手:「休みの日でも家族サービスで大変だよ。」
自分:「大変だよね。(幸せアピールするなよ!)」

裏側の意図を読み過ぎて、悪い方に解釈してしまったパターンですね。実際のところ、言葉の裏側に込められた意図は、どれだけ考えても分かりません。だから、悪い方向へ考えるとキリがありませんから、良い方向へ考えるようにしてください。

斜に構えて他人と接するのではなくて、心を開くようにしましょう。周りの人間は自分の味方だと思えば、必要以上に悲観的になることはありません。素直に言葉を受け取るようにすれば、人間関係も上手くいくでしょう。

名前を積極的に呼ぶ

誰かから好かれたいと思ったら、その人の名前を積極的に呼ぶようにしてください。名前というのは、その人のアイデンティティを表す重要なものです。だから、名前を積極的に呼ぶことで、相手に対する敬意を示すことができるわけですね。

人は誰でも、自分の名前に特別な思いがあります。街で自分の名前を呼ばれたら、絶対に振り返りますよね。何かに集中していても、名前を呼ばれたら気が付くはずです。それくらい、自分の名前には敏感に反応するようになっています。

引用:人を立てる話し方のポイント

特に、何かの依頼をするときには、名前を呼ぶことで角が立ちにくくなります。「おい、ボールペン持ってきて!」などと言ってしまうと、印象が良くありませんよね。たとえ、目下の相手であっても、ちゃんと敬意を払う必要があります。

「○○さん、ボールペン持ってきて」と言えば、その人のことを大切に思っていることを伝えることができるでしょう。親密な間柄になるほど名前を呼ばなくなりますが、意識的に名前で呼ぶことで信頼関係を築くことができるはずです。

正しい褒め方をマスターする

楽しく会話をするためには、相手を褒めることが大切です。相手が喜んでくれれば、それだけで会話は盛り上がると思います。これは仕事でも同じで、商談中にさりげなく相手を褒めることで話が弾むというわけです。

しかし、口先だけで思ってもいないことを言ってしまうと、それはお世辞となってします。お世辞かどうかは相手に伝わってしまうので、しっかりと褒めることが大切ですね。相手の良い所を具体的に褒めることが重要ですから、覚えておいてください。

適当な褒め方をしてしまうとお世辞だと思われてしまいます。なので、しっかりと相手を観察して、本気で褒めることを意識しましょう。効果的なのは、具体的に褒めるということです。褒める部分が具体的であるほど、信憑性が高くなります。

引用:部下のモチベーションを高めるための上手な褒め方とは?

ただ、ありがちなのが、相手の見た目だけを褒めて終わるパターンです。これでも相手は喜んでくれますが、できれば相手自身のことも褒めてあげてください。

自分:「その靴、カッコ良いですね。光沢がスゴイです。」
相手:「最近買ったんだよ。」
自分:「○○さん、脚が長いから似合いますよね。」
相手:「いやぁ。そんなことないよ。」

上の例だと、靴を褒めたことから、「脚が長い」と本人を褒めていますよね。このように、表面的な部分を褒めてから、その人自身への褒め言葉に繋げていきましょう。こうすれば、自然に会話が進むはずです。

角が立たない断り方をする

誰かに頼みごとをされた時に、断ってしまったことで人間関係が崩れることがあります。自分にも都合があるので断るのは仕方ないですが、その時の対応の仕方で相手の心証を崩してしまう可能性があるので注意が必要です。

でも、嫌々引き受けたとしても、自分が損をすることになってしまいます。損をしてまで引き受ける必要はありませんので、キッパリと断るようにしてください。

では、どういう断り方なら角が立たないのかというと、明確な理由を伝えることと代替案を出して譲歩することです。ちゃんとした理由を伝えれば、相手は仕方ないと思ってくれます。そして、別の代替案を出すことで、納得しもらえるわけです。

相手:「今度の日曜、キャンプに行かない?」
自分:「ごめん。日曜日は先約があるんだ。」
相手:「そうなんだね。」
自分:「その次の日曜なら大丈夫だけど?」

こういった会話をすれば、角が立つことも無いでしょう。「行きたいけど、どうしても無理」という気持ちを伝えることで、相手も納得してくれるはずです。

上司や同僚からの無理な仕事を断るための秘訣とは?

正しいお礼の伝え方を覚える

相手から何かをしてもらったら、お礼を言うのが当然ですよね。しかし、ほとんどの人は、お礼を1度言っただけで終わっています。「1回言えば十分じゃん」と思うかもしれませんが、相手からすると物足りないと思ってしまうわけですね。

最低でも、お礼は2回くらいは言うべきです。感謝の気持ちを伝えることで、「親切にして良かったな」と思ってもらわなくてはいけません。気持ちを伝えるタイミングとしては、親切にしもらった直後と次に会った時の2回です。

自分:「今日は、ご馳走様でした。すごく美味しかったです。」
相手:「楽しかったね。」
~後日~
自分:「おはようございます。この間は御馳走様でした。」
相手:「あぁ、また行こうね。」

このように、2回のお礼を伝えることで、相手も満足してくれるはずです。しっかりと言葉で感謝の気持ちを伝えれば、人間関係のトラブルも少なくなるでしょう。

以上、他人から嫌われないための秘訣を紹介しました。ちょっとした心がけ次第で、自分の印象を大きく変えることができます。だから、意識的に人と接するようにすれば、誰かを不快にさせることも減ると思います。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする