あまり親しくない人との会話方法。知らない人と仲良くなるには?

s3iej

仲の良い友達や同僚などであれば、普通に会話が弾みますよね。すでに信頼関係が構築されていますし、相手の好みも分かっていますから、何を話せばいいのか分からないといったことは無いでしょう。

でも、あまり親しくない人だと、会話の内容に困ってしまいます。相手の好みが分からないですし、そもそもなんて話しかければいいのか迷ってしまうでしょう。普段から接することの無い人だと、会話するタイミングがありせん。

しかし、社会人になると色々な人とのコミュニケーションが必要ですから、親しくない人とも会話できる必要があります。なので、誰とでも話せるように練習をしておいてください。

ここでは、あまり親しくない人と会話する方法を紹介します。

印象を良く見せる秘訣

親しくない人と仲良くなりたいなら、自分の印象を良くしないといけません。第一印象は非常に大切で、これによってその後の付き合いも変わってくることが多いです。一説によると、その人の印象は出会って3秒で決まると言われています。だから、最初のコンタクトでは、細心の注意を払うようにしましょう。

第一印象というのは、その人と初めて会う瞬間です。印象は出会って3秒で決まると言われますが、その瞬間のイメージで好き嫌いを判断されてしまいます。それによって、その後の付き合い方も変わってくるので、プラスの評価をされた方が良いに決まっていますよね。

引用:第一印象を良くするための話し方の秘訣

自分から挨拶する

他人と会った時に、最初にするのは挨拶ですよね。その人と友好的な関係を築きたいなら、自分から積極的に挨拶をするべきです。爽やかな笑顔で挨拶をするだけで、感じの良い印象となります。

逆に挨拶ができていないだけで、無愛想な人、気難しい人というレッテルを貼られてしまいます。挨拶だけで評価を落とすのは損ですから、いつも自分から挨拶をすることを心掛けてください。

目を見て話す

また、相手の目を見ることも大切です。目を見て話すのが恥ずかしいと思う人もいますが、下を向いていると自信が無いような印象となります。アイコンタクトをするだけで話しやすい人だと思われるので、ちゃんと目を見て話すようにしてください。

ただ、真顔でじっと目を見つめると怖いので、優しく微笑むことが大切です。ニッコリと笑いながら目を見れば、話しやすい雰囲気を出すことができます。

挨拶に一言加える

先述したように、親しくない人と会話をするなら、丁寧にあいさつすることから始める必要があります。いきなり馴れ馴れしく話しかけると警戒されますし、こちらの印象も悪くなってしまいます。だから、爽やかに挨拶をすることを心掛けてください。

でも、それだけで終わってはいけません。挨拶をしただけで場を離れてしまう人が多いですが、それだと非常にもったいないです。せっかく接触したわけですから、このチャンスを逃さないようにしましょう。

つまり、挨拶に一言付け加えるようにするということです。

自分:「おはようございます!」
相手:「おはよう。」
自分:「今日は天気が良くて気持ちが良いですね。」
相手:「そうだね。」
自分:「お互い頑張りましょう!」

これくらいの会話は、したいところです。挨拶の延長ですから、長く話す必要はありません。一言二言の会話ができれば、少しずつ距離感は近くなっていくと思います。

相手の変化を見逃さない

人は誰でも、自分に関心を持ってくれる人に好意を持つ傾向にあります。だから、こちらから相手に関心を向けることで、相手からも好意的に思ってもらえるということです。そのために、相手の変化を見逃さないようにしましょう。

髪型や服装、態度などがいつもと変わっていたら、声を掛けてみてください。そうすることで、関心を持っていることを示すことができます。

自分:「あれ、新しいネクタイですか?カッコいい色ですね。」
相手:「そうですね。」
自分:「私も買い換えようと思ってたんですよ。どこのブランドですか?」

こういった感じで声を掛けると、盛り上がるかもしれません。

ただ、あくまでも雑談ですから、長話はしないようにしてください。親しくないうちから長話をすると、しつこい人間だと思われる可能性があります。だから、軽い会話のキャッチボールをしたら、雑談を終了しましょう。

また、気遣いの一言なども効果的ですね。

自分:「おはようございます!」
相手:「おはよう。」
自分:「昨日は大丈夫でしたか?体調が悪そうでしたけど。」

こういった一言があると、相手は嬉しくなるはずです。相手に対する敬意を示すこともできるので、信頼関係を築きやすくなるでしょう。普段から相手のことを観察しておかないとダメですから、意識的に相手を見ることが大切ですね。

昔の話題もネタにできる

上記の方法で声を掛ければ、親しくない人とでも毎日会話することができます。だから、少しずつ仲良くなることができますね。ただ、毎日のように話しかけていると、だんだん話すことが無くなってくるはずです。

せっかく声を掛けたのに、沈黙してしまったら気まずい空気になってしまいます。なので、話題に困ってしまったら、過去の話題を掘り起こしてみてください。つまり、何日か前に話したことを、もう一度聞いてみるわけです。

自分:「おはようございます!」
相手:「おはよう。」
自分:「爽やかな顔ですね。この前、温泉行ったんですか?」
相手:「よく覚えてるね。すごく楽しかったよ。」

以前に「温泉へ行く」という話を聞いていたなら、ここでもう一度聞くことができます。ちょっとした会話を覚えていることで、相手からの印象は格段に良くなります。また、温泉の感想を聞くこともできますから、話を弾ませることもできるはずです。

だから、今まで聞いた情報は、できる限り覚えておくべきですね。メモ帳に書いて、保管しておいても良いかもしれません。実際、仕事ができる営業マンの方は、取引先の担当者の情報をメモ帳にびっしりと書いているらしいです。

以上、あまり親しくない人との会話方法を紹介しました。日頃から接していない人だと、会話するのが怖いと思うかもしれません。でも、自分から積極的に話しかければ、きっと仲良くなることができます。社会人には必要な能力なので、覚えておいてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする