人と仲良くなる方法とは?好きな人や気になる人との距離感を縮めよう。

8ec1o

初対面やあまり親しくない人と仲良くなるには、密にコミュニケーションを繰り返す必要があります。何度も接触を繰り返すことで、お互いの距離感が近くなっていくわけですね。だから、触れ合う頻度を増やさなくてはいけません。

しかし、接触の回数を増やしたところで、会話が弾まなければ仲良くなることはできないでしょう。会話が続かなくて沈黙してしまうと、気まずい雰囲気になってしまいます。だから、打ち解けて話せるようになるための会話力を磨くようにしてください。

ここでは、他人と仲良くなるための秘訣を紹介します。

相手の印象を伝えてみる

出会って間もない頃であれば、天気や趣味、出身地などの当たり障りのない話題を中心として会話を進めますよね。あまりプライベートには踏み込まずに、表面的な話題のみで会話を展開していくはずです。

しかし、何度も会っていると、そういった話題だけだと話すことが無くなってしまいます。なので、少しずつ距離感を縮めて行って、プライベートな会話をしなくてはいけません。その取っ掛かりとしては、相手の印象を伝えてみることがおススメですね。

「○○さんって、最初は怖そうなイメージでした。でも、実際には腰が低くて話しやすいですね。」
「○○さんは、最初から明るい人だと思っていましたが、本当にその通りですよね。裏表がないので、接しやすいです。」

こういった印象を伝えれば、相手は悪い気がしませんよね。少し恥ずかしいかもしれませんが、言ってみる価値はあります。大抵の場合は喜んでくれますから、自分に対して好印象を持ってくれるはずです。

また、相手も心を開いてくれますから、自分の印象を語ってくれるかもしれません。距離感がぐっと近くなるので、今まで以上に親しくなれるでしょう。

自分の実体験を語る

聞き手を自分の話に引き込むためには、実体験を語ることがベストだといえます。実際に経験したことは、リアリティがあって興味をそそるからですね。だから、話を聞いている人たちも、「続きを聞きたい」と思ってくれるはずです。

話をするときには、自分の体験談を含めることで臨場感があって伝わりやすくなります。たとえば、健康について話すときには、実際に自分が体験した健康法を伝えることでリアリティが増しますよね。

引用:伝わりやすい話し方のコツとは?

だから、外に出て色々な経験をした方が良いでしょう。経験値が多いほど話のネタが増えますし、面白い体験ができる可能性も高くなります。特に、旅行やイベントへ行った話などは、興味を持たれやすい傾向にありますね。聞き手は話を聞きながら疑似体験をすることができるので、聞いているだけでも楽しくなるわけです。

また、色々な人との関わりを持った方が良いでしょう。人と接する頻度が多いほど、自分の経験も多くなるはずです。最近は近所付き合いなども無くなってきていますが、自分から積極的に声をかけることが大切だといえます。

人と話す機会が多くなれば、自分の会話力もアップするはずです。メリットとなることが多いですから、人付き合いを増やすことも大切ですね。

会話を広げるための秘訣

面白い話で盛り上がったとしても、そこから会話が広がらなければ意味がありません。雑談というのは、色々な方向へ話題が変わるから楽しいわけですね。だから、一つの話題で終わってしまわないために、会話を広げるための方法を知っておきましょう。

会話が広がるキッカケとしては、新しいキーワードが出てきたときです。一部のキーワードを拾って、それについて話すから別の話題へと転換していくわけです。

「この前、動物園に行ってきたんですよ。生まれたばかりのパンダがいて、ものすごく可愛かったです。うちの息子も喜んでいましたね。」

相手が上のような会話をした場合、話を広げるポイントはたくさんあります。この例で言えば、「動物園」「パンダ」「息子」の3つのキーワードがありますよね。

  • どこの動物園に行ったんですか?
  • 赤ちゃんのパンダは見たことないですね。何匹くらいいたんですか?
  • 息子さんは何歳ですか?

こういった感じで、会話を広げることができるはずです。どのキーワードを拾うかで決まってきますから、相手の話を聞くときにはキーワードに集中してみてください。

1日に何度も会う人との会話

学校や会社などだと、同じ人と何度もすれ違うことがありますよね。仲の良い人なら軽い会話ができますが、あまり親しくない人だと話題に困ってしまいます。1日に3回以上も会ってしまうと、ちょっと話す内容に厳しくなるでしょう。

ここで気まずい思いをしないためには、出会ったこと自体をネタにするのが有効です。そうすれば、ちょっとした笑いが起きるかもしれませんし、その場を繋ぐことができると思います。

「今日は何度も会いますね。相性が良いのかな(笑)」

こういった会話をすれば、変な空気が流れることは無いでしょう。この会話をキッカケとして話を広げることもできるので、その人と仲良くなれるかもしれません。なので、何度も会うという状況を上手く利用するようにしてください。

以上、他人と仲良くなるための秘訣を紹介しました。あまり親しくない人でも、定期的にコンタクトを取っていれば距離感が近づきます。人脈を増やすこともできますから、しっかりと覚えておきましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする