会話を始めるための声のかけ方について

ermun

誰かと話すときに、最も困るのが最初の声かけですよね。向こうから話しかけてくれたら良いのですが、自分から声をかけようとすると何を言えば良いのかわかりません。無理に話しかけようとすると、不自然になってしまうので注意が必要です。

最初の一言を考えすぎるあまり、結局時間が無くなって話しかけられないということもあるでしょう。自然な感じで声を掛けるのは、意外と難しかったりするわけですね。ここで躓いてしまって、会話が苦手になってしまう人は多いです。

なので、いつでも気軽に会話ができるように、声掛けの練習を行ってください。ここでは、最初の声掛けのコツを紹介します。

あまり親しくない人に声をかける

会社や学校、近所などで、お互いに顔は知っているけれど会話をしたことが無い人がいますよね。こういった人に声をかける場合、緊張してしまうと思います。でも、慣れてしまえば普通に話せるようになりますから、自然な声掛けを覚えておいてください。

まず、最初に挨拶するのが基本ですね。「おはようございます」とか「こんにちは」といった感じで、声を掛けましょう。会社であれば、「お疲れ様です」で良いでしょう。

そして、話す内容に関しては、相手が同意できる一言をかけるようにしてください。天気や今の現状について話すのが効果的です。たとえば、「今日は良い天気ですね」や「今日は暑いですね」、「最近は忙しいですね」といった一言です。

こういった言葉をかけることで、相手は「そうですね」と同意してくれるはずです。これで会話できる体制が整いましたので、関連する内容を話し合ってみましょう。

「暑すぎてエアコンつけっぱなしですよ。今月の電気代が凄いと思います。。」とか「たぶん今日も残業しないといけないですね。お互いに頑張りましょう。」といった話をすれば良いわけですね。

ポイントとしては、長く話そうとしないことです。親しくないうちは、2~3分の会話に留めておくようにしましょう。短い会話を毎日こなしていけば、自然と距離感が近くなっていくはずです。

そのうち、相手からも話しかけてくれるようになるでしょう。そうすれば、親しく話せるようになりますから、仲良くなれると思います。

親しい友達に声をかける

仲の良い友達であっても、最初の声かけに迷うことがありますよね。お互いの情報は知っているわけですから、何を話せばいいのか分からなくなってしまうことがあります。話しかけてもらうのを待っているだけだと時間が掛かるので、自分から積極的に話せるようになりましょう。

最初の一言は、挨拶から始めます。仲の良い人であれば、馴れ馴れしい挨拶でも良いですね。「おはよう」とか「おいっす」など、関係性によって挨拶の仕方は異なります。

そして、話す内容に関しては、自分の身の回りで起こった些細な出来事や自分が感じたことで構いません。特別な面白い話題を用意しなくても良いですから、気軽に話しかけてください。

声のかけ方としては、以下のような感じがいでしょう。

  • さっきさ
  • 今日来る途中にさ
  • 昨日のテレビでさ
  • 昨日仕事が終わった後にさ

このように、続きが気になる声のかけ方が望ましいです。

「おはよう!今日来る途中にさ、空に大きな虹が出てたよ。見た?」などと声を掛けると自然だと思います。相手からの何かしらの感想が聞けますから、そこから話題を広げることができますよね。

深く考える必要はないので、身の回りの出来事を話題としましょう。最初のキッカケさえ掴めれば、後は流れに沿って会話を進めるようにしましょう。

近況を尋ねる

また、以前に話した会話内容に関して、もう一度聞いてみるという方法もあります。近況を尋ねることで、前回との変化を会話のネタにすることができるわけです。

たとえば、前日に「今日は彼氏とデートなんだ」と友達が言っていたら、次の日に「昨日のデートどうだった?」と聞いてみてください。そうすれば、デートの感想を聞くことができるので、それについて話をすることができますよね。

他にも、「来月、京都へ旅行に行くんだ」と聞いていたら、まだ旅行の日になっていなくても「旅行のプラン決めた?」とか「もうすぐ旅行でしょ?いいなぁ」などと聞くことができます。相手の話を覚えておけば、それをキッカケに声をかけることが可能です。

なんとなく会話をしていると忘れてしまうので、意識的に会話内容を覚えるようにしてください。そうすれば、声をかけるキッカケはいくらで見つかるようになります。

以上、最初の声のかけ方を紹介しました。自然に声をかけられるようになれば、会話をする回数を増やすことができます。そうすれば、会話力も上達しやすくなりますから、場数を踏むためにも積極的に声をかけられるようにしてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする