品のある話し方を身に付けるためには?

4y1lo

話し方というのは、その人の人格が出るものです。なので、話し方によって好感を得ることができたり、逆に評価を下げることなどがあったりします。品が無いと思われてしまっては、社会人として致命的となる場合があります。

周りと信頼関係を築くことであったり、仕事を円滑に進めるうえで障害になることがありますから、上品な話し方ができるように訓練を行いましょう。話し方などの表面を変えることで、自分の人格などにも変化が出てくるかもしれません。

ここでは、品のある話し方を身に付ける方法を紹介します。

どんな自分を目指すのか?

まず、品のある話し方を身に付ける前に、自分がどんな人間を理想と思っているのかを明確にしないといけません。よくあるのが、自分と全く違う性格の人を目指すパターンです。人は自分に無いものを求める傾向にあるので仕方ないですが、自分と違いすぎる人を目指しても上手くいきません。

たとえば、大人しくてマジメな人が、お笑い芸人のように場を盛り上げるのは難しかったりしますよね。自分の性格に合わない人間を目指しても上手くいかないですから、ちゃんと方向性を見極めてから理想を考えるようにしてください。

自分らしさを生かしながら、品のある話し方を身に付けるようにしましょう。そうすれば、のびのびと自由に会話できるようになるはずです。

下品な話し方をしていないか?

知らず知らずのうちに、下品な話し方をしてしまっている場合があります。上司や先輩と話すときに、タメ口に近いような話し方をしてしまったり、相手を傷つけるような発言をしてしまうことがあるわけですね。

なので、自分の話し方を注意深く観察して、見直すことが大切です。具体的には、以下のような点に注意してみてください。

  • ちゃんと敬語を使えているか
  • 身内しか分からない言葉を使っていないか
  • 発言がストレートすぎないか
  • 早口になりすぎていないか
  • 話し方に変な癖が無いか
  • 何でも否定していないか

自分に当てはまっている項目があれば、改善できるように意識をしましょう。逆に、これらに当てはまらないのであれば、上品な話し方ができている可能性が高いです。なので、自分を客観視してみて、確認するようにしてください。

品のある話し方について

その人の品格というのは、持っているオーラとか雰囲気で決まるものです。なので、人格者になることが大切なんですが、そのための第一歩として話し方を改善するようにしましょう。正しい話し方を身に付けることで、品がありそうな雰囲気を持つことができます。

そして、それを毎日続けていくことで、本当の人格者に近づいていけるわけです。ですから、まず話し方を身に付けるようにしてください。具体的には、以下のようになります。

敬語をしっかりと話す

丁寧語や尊敬語などを、ちゃんと話せるようになりましょう。最近では、間違った日本語を使う若者が問題となることがありますが、日本語を正しく使えることは大切ですね。浸透していない略語なども、できるだけ避けた方が良いでしょう。どの世代の人でも分かる話し方をしないと、品のある話し方とは言えません。

特に、目上の人に対して敬意を表せないと、社会人として疑問を持たれたりするので注意が必要です。

ストレートな言い回しを避ける

歯に衣着せぬ話し方は好感を得る場合もありますが、逆に他人を傷つける場合があります。たとえば、女性に対して「太った?」とか「肌荒れしてるね」などと言うと、相手は不快に思ってしまいますよね。

だから、相手がどう思うのかを考えてから、発言をするようにしてください。言葉の選び方次第でケンカになってしまうこともあるので、最大限に注意するべきことだと言えるでしょう。特に、相手を否定してしまわないように、気を付けるようにする必要があります。

話し方の癖を無くす

話すときに、独特な癖を持っている人がいます。たとえば、語尾を伸ばしたり、「え~」とか「あ~」などと言ったりということです。癖のある話し方をすると、だらしなく思われてしまうことがあります。

これは自分では気付きにくいですから、友達にチェックしてもらったりしてください。思わぬ癖が見つかるかもしれません。

相手を受け入れる

会話をしている時に、「でも~」とか「いや~」など何でも否定から入る人がいます。本人に悪気は無いのかもしれませんが、これだと相手は話す気を無くしてしまいます。なので、まず「そうですね」と相手を受け入れてから、自分の意見を述べるようにしましょう。

会話はキャッチボールですから、最初に相手の話を受け取らないと続きません。否定をしてしまったら、そこで終わりとなってしまいますので注意してください。

ゆっくりハキハキと話す

早口で話すと、自信が無いように思われてしまいます。ゆっくりと話すことで、堂々と自信に満ちていると思われるので、話し方に余裕が生まれます。また、考える時間もできますから、論理的に話を伝えられるというメリットもあります。

以上、品のある話し方を身に付ける方法を紹介しました。これらは、一朝一夕で出来るものではなく、日頃から意識をすることで身に付けることができるものです。ですから、自分の人間力を高めるために、意識することを忘れないようにしてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする