あなたが人と上手く話せない理由とは?

o7qjm

会社の同僚や学校の友達など、社会生活を送る上で人と話すことは必要不可欠ですよね。でも、上手く話せないと悩んでしまっている人は、かなり多いでしょう。自分では何が原因なのか分からないと思いますが、あなたが話せないのには理由があります。

上手く話せない理由を明確にすることで、コミュニケーション能力を引き上げるキッカケとなるはずです。そのためには、「話す」という行為を見つめ直して、どのように改善させるべきかを考えるようにしましょう。

ここでは、上手に話すためのコツを紹介します。

なぜ、会話を苦手としている人が多いのか?

そもそも、ほとんどの人は、話し方の技術を専門的に学んだ経験がありません。会話というのは、我々が普段何気なく行うものですから、自然と身に付けたものです。だから、日常生活の中で、独学で身に付けたものなんですね。

なので、生まれつきセンスがある人でないと、上手く話せないということです。これって、「歩く」とか「呼吸する」などと、全く同じレベルですね。他人からやり方を教わるのではなくて、自分で学ばなくてはいけない。だから、会話を苦手としている人が多いわけです。

そして、もう一つの理由として、過剰に意識しすぎていることがあります。会話というのは、無意識に自然体で行うものです。でも、上手に話そうと考えてしまうと、自分の話し方を意識してしまいますよね。

だから、ギクシャクしてしまって、不自然な話し方となってしまいます。これを防ぐためには、リラックスして何も考えずに会話をする必要がありますね。過剰に意識しても上手くいきませんから、落ち着いて会話をするように心掛けなくてはいけません。

上手く話すための心構え

上記で会話が苦手な理由を紹介しましたが、これを克服するためには何度も繰り返し練習するしかありません。正しい話し方を学んで、無意識に話せるようになるまで訓練をするわけです。話し方のプロであるアナウンサーや司会者などでも、最初からうまく話せたわけではありません。

何回も失敗を繰り返しながら練習したことで、上達していったわけです。会話は日常的な行為ですから、難しく考える必要はありません。肩の力を抜いて、落ち着いて話すことを心掛けてください。

そうすれば、自然と会話力も向上するはずです。

上手な会話のために意識すること

相槌を工夫する

会話を弾ませるためのポイントとしては、相手に気持ち良く話してもらうことです。人は誰でも、自分の話をしたいと思っています。だから、適度に相槌を入れて、相手から話を引き出すようにしましょう。

相槌は、話を促す効果があります。相手が話しているときに、「そうなんだ」「ホントに?」などと相槌を入れれば、相手も気持ちが乗ってきてどんどん話を進めてくれます。だから、相手が気持ちよく話してくれるかを、意識してみてください。

目を大きく開く

会話をするときには、表情にも注意しないといけません。無表情で話を聞いていると、つまらなそうな印象を与えてしまいます。なので、印象を良くするために、目を大きく開くようにしましょう。

目を大きく開くだけで、威圧感が無くなるので親しみやすい印象となります。相手にとっても話しやすい雰囲気となりますから、リラックスして会話を楽しむことができます。すぐに沈黙して気まずい雰囲気になる人は、表情が暗い可能性があります。なので、できるだけ明るい表情になるように意識をしてください。

相手の話題を奪わない

相手が話しているのに、その話題を横取りして自分が話してしまう人がいます。これだと、相手は良い気持ちはしませんし、話題も広がりにくくなってしまいます。だから、相手の話は最後までしっかりと聞くようにしましょう。

そして、相手の話が途切れたら、自分の感想などを伝えて会話を進めていきます。会話はキャッチボールですから、順番を意識してください。途中で話を取ってしまうと、話の腰を折ることになりますので注意してくださいね。

相手の話に共感する

会話を進めるうえで、相手に共感することは大切です。「でも~」などと、常に相手の話を否定する人がいますが、それだと相手は話す気を無くしてしまいます。もしも、自分の趣味と合わない話でも、相手に歩み寄る姿勢を示すようにしてください。

たとえば、「昨日の巨人戦すごかったね!」と言われて、「野球は興味ないんです」などと返したら、そこで話が終わってしまいます。話がウマい人であれば、「あ~見てないですね。どこが凄かったんですか?」と、相手に質問を投げかけます。

そして、「サヨナラホームランが最高だったよ」などの話に対して、「それはスゴイですね。生で見たかったです!」と共感を示すわけです。興味の無い話題であっても、話に共感することはできます。なので、相手を受け入れる姿勢を持つようにしましょう。

話題を上手く転換させる

会話をする中で沈黙しそうになった時、真逆の話題を振ることで話を転換させることができます。たとえば、相手の趣味について話していて話題が無くなってきたら、「この前、こんな嫌なことがあったんですよ」と反対の話題を出すわけです。

そうすれば、楽しいこと⇒嫌なことという風に、話題を転換することができますよね。そこから新しく話題が広がっていくので、沈黙になることを防ぐことが可能です。こうやって話題を転換させる方法を知っていれば、ずっと話を続けることができます。かなり使えるテクニックですから、覚えておくようにしましょう。

以上、上手く会話をするための方法を紹介しました。これらは、毎日の積み重ねが大切ですから、日頃から練習を欠かさないようにしてください。自然と無意識に会話することができるように、繰り返しトレーニングを行うようにしましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする